キッチンリノベーションで後悔しない為に考えるべきポイント3つ


「キッチンをおしゃれにリノベーションしたいけれど、どのようなキッチンができる?」
「自分にあったキッチンにリノベーションしたいけど、どのようなことを考えたらいいの?」

キッチンのリノベーションを実施する機会は少ないので、初めての人がほとんどです。

そのため、「何から決めたらいいのか」「どのようなことを考えたらいいのか」がわからず困ってしまう方も多いでしょう。

また、キッチンリノベーションは工事が必要となり、費用も決して安くはありません。

そのため、自分の理想にあった後悔しないキッチンリノベーションを考えていきたいですよね。

そこでこの記事は、後悔しないキッチンリノベーションをするために考えるべき内容を紹介します。

この記事を最後まで読み進めれば、後悔しないキッチンリノベーションをするために必要なポイントを抑えられます。

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール

\一級建築士監修のWEBセミナー/

【定番3選】キッチンの種類や特徴を解説!

キッチンの種類や特徴初めに、キッチンのリノベーションをする際の定番を紹介します。

  • オープンキッチン
  • クローズドキッチン
  • セミオープンキッチン

それぞれのキッチンについて、詳しく解説します。

1-1.オープンキッチン

オープンキッチンとは、リビングダイニングとの間に間仕切り壁を設けない、空間的につながっているキッチンのことです。

オープンキッチンリビングとキッチンの間に間仕切り壁がないため、広々とした開放感とおしゃれな空間が感じられます。

家族とのコミュニケーションを楽しみながら料理ができるため、人気の間取りです。

ここからは、オープンキッチンについての下記3つの内容を解説します。

  • オープンキッチンの特徴
  • オープンキッチンのメリット・デメリット
  • オープンキッチンがおすすめな人

オープンキッチンがあなたのライフスタイルに合うか、理想に合うか判断するためにも、1つずつ確認していきましょう。

さらに詳しくオープンキッチンを知りたい場合は、下記の記事」をご覧ください。

オープンキッチンにする?しない?判断するために必要な情報を総解説

1-1-1.オープンキッチンの特徴

オープンキッチンは、「リビングダイニングなどの隣り合う部屋との間に間仕切り壁がないキッチン」を指します。

リビングダイニングと空間的につながっている、つまり、開かれているキッチンという意味で、「オープン」と呼ばれています。

オープンキッチンは開放感が高まるだけでなく、リビングにいる家族ともキッチンからコミュニケーションが取りやすくなることが1つの特徴です。

1-1-2.オープンキッチンのメリット・デメリット

ここでは、オープンキッチンのメリット・デメリットを紹介します。

オープンキッチンのメリット・デメリットは、以下の通りです。

■オープンキッチンのメリット
・開放感がある
リビングダイニングとつながった空間となり、視界を遮るものもないため、広々とした開放感で料理を楽しめます。

・おしゃれ
リビングダイニングとの総合的なインテリアデザインとして考えることができ、おしゃれな空間を作れます。

・リビングダイニングの様子が見れる
視界を遮るものがないため、リビングにいる家族の様子を見ながら料理ができます。

・コミュニケーションが生まれる
料理をしながらリビングを見渡すことが可能になり、家族との会話を楽しめます。家族はもちろん、来客が来た際でもコミュニケーションを取りながら、キッチン作業を行えます。

・配下膳が楽
リビングダイニングと同じ空間にあるため、料理の配下膳をスムーズに行えます。

■オープンキッチンのデメリット
・水や油が部屋側にはねる
前面や横に間仕切り壁がないため、シンクの水や調理時の油が部屋側にはねることがあります。

そのため、キッチン側だけではなく部屋側の掃除も必要になります。

・臭いや煙が部屋側に流れる
調理中の匂いや煙・ゴミの匂いなどが部屋側に流れる場合があります。

匂いを感じて不快なだけでなく、ソファやカーテンなどの布製品に匂いが染みつかないように対策を講じる必要があります。

・収納スペースが少なくなりがち
対面式であるアイランドキッチンとペニンシュラキッチンには吊戸棚がないため、収納スペースが少なくなります。

・生活感を隠すのが大変
オープンキッチンはリビングダイニングから中の様子が見えるため、散らかっていると、おしゃれ感が台無しになります。

生活感を隠すためにいつもきれいにしていなければならない点が、デメリットだととらえる人が多いです。

1-1-2.オープンキッチンがおすすめな人

オープンキッチンの特徴、メリット・デメリットを抑えたうえで、オープンキッチンがどのような人におすすめなのかご紹介します。

■とにかくおしゃれなキッチンにしたい人
オープンキッチンは、開放的で洗練された雰囲気が人気です。

とにかくおしゃれなキッチンにしたい場合は、オープンキッチン一択と言っても過言ではありません。

オープンキッチンは、デザイン性の高いものを選ぶことでLDKのインテリアの要を担ってくれます。

そのため、見栄えのよいキッチンを設置するだけで空間全体をおしゃれにできます。

■リビングダイニングの様子を確認しながら料理したい
オープンキッチンはリビングダイニングと同じ空間にあるため、リビングの様子を確認しながら、料理をしたい人に適しています。

小さな子どもがいる家族や、ゲストが食事している最中にキッチンに立つことが多い人にもおすすめです。

■家族やゲストと一緒にキッチンに立ちたい
オープンキッチンではリビングダイニングとの動線が便利になっており、コミュニケーションもとりやすいことから、家族やゲストと一緒にキッチンに立ちたい人に適しています。

■家事の導線を短くスムーズにしたい
オープンキッチンはダイニングと隣り合っているため、配下膳を楽に行えます。

そのため、家事の動線を短くスムーズにするための1つの方法として活用できます。

1-2.クローズドキッチン(独立型キッチン)

クローズドキッチン(独立型キッチン)とは、キッチンがダイニングや他の部屋と分かれており、完全に独立した部屋の中にキッチンがあるスタイルのことです。

「集中して料理をしたい」「来客にキッチンを見られたくない」などの理由でクローズドキッチンを選ぶ方も少なくありません。

ここからは、クローズドキッチン(独立型キッチン)についての内容を下記の順序で、詳しく解説します。

  • クローズドキッチン(独立型キッチン)の特徴
  • クローズドキッチン(独立型キッチン)のメリット・デメリット
  • クローズドキッチン(独立型キッチン)がおすすめな人

クローズドキッチン(独立型キッチン)の特徴を抑え、自分に合うキッチンなのか判断しましょう。

1-2-1.クローズドキッチン(独立型キッチン)の特徴

クローズドキッチン(独立型キッチン)は、キッチンが壁で囲まれており、リビングなどの居住空間とは明確に分けられていることから、独立した部屋となっています。

大容量の収納スペースを設けられていることから、キッチンが人目に付きません。

1-2-2.クローズドキッチン(独立型キッチン)のメリット・デメリット

クローズドキッチン(独立型キッチン)の特徴を抑えたうえで、メリット・デメリットを紹介します。

■クローズドキッチン(独立型キッチン)のメリット
・集中して調理ができる
独立された部屋にキッチンがあるため、人目を気にせず調理に集中できます。

来客の際には、お客様に手元や調理場を見られることがないのも安心です。

・リビングやダイニングに油や煙が広がらない
キッチンの部屋が独立しているため、隣接するリビングやダイニングまで油や煙が広がりにくくなっています。

・収納スペースが作りやすい
独立型キッチンは、キッチンの周囲が壁に囲まれているため、壁面に収納棚などを設けられます。

そのため、多くの収納スペースを確保できます。

■クローズドキッチン(独立型キッチン)のデメリット
・他の部屋の様子が分からない
独立された部屋にキッチンがあるため、リビングやダイニングなどの他の部屋の様子がわかりません。

特に、小さなお子様がいる家庭は、料理中にお子様の様子を確認しにくいのが不安材料の1つに挙げられます。

・油や煙が部屋の中にこもりやすい
油や煙が部屋に広がらないのはクローズドキッチンのメリットですが、逆に部屋に煙がこもりやすいのがデメリットです。

煙がこもらないように、換気扇や窓で効率的に換気できるよう設計を考える必要があります。

・閉塞感がある
独立型キッチンは他の部屋から独立しているため、空間的に閉塞感を感じる方もいるでしょう。

キッチンスペースの大きさにより緩和される可能性もあるので、設計時によく考える必要があります。

1-2-3.クローズドキッチン(独立型キッチン)がおすすめな人

クローズドキッチン(独立型キッチン)のメリット・デメリットを抑えたうえで、どのような人におすすめなのかご紹介します。

■料理に集中したい人
「料理は黙々と集中してやりたい」「誰にも邪魔をされたくない」と感じる人に、クローズドキッチン(独立型キッチン)がおすすめです。キッチン専用の部屋で集中して料理を楽しめるからです。

■部屋の臭いや油汚れが気になる人
クローズドキッチン(独立型キッチン)の場合、キッチン専用の部屋となるため、他の部屋への臭い移りや油汚れの心配は必要ありません。

また、料理中に発生する臭いや汚れ掃除はキッチンのみに限られるため、その分安心です。

■調理器具・調理道具がたくさんある人
クローズドキッチン(独立型キッチン)は、収納が多く確保できます。

調理器具・調理道具にこだわりがあり、収納を多く確保したい人にはおすすめです。

■来客が多い人
キッチンは毎日使用する分、物が溢れやすい場所でもあります。

来客が多い場合、オープンキッチンは来客の際に目に入る場所となります。

そのためキッチンを見られることに抵抗がある人におすすめです。

1-3.セミオープンキッチン

セミオープンキッチンとは、オープンキッチンとクローズドキッチン(独立型キッチン)の中間に位置するキッチンのことです。

中間とは明確に定義があるわけではなく、ざっくりとオープンでもクローズドでもない、ほどよくミックスされたタイプのキッチンを指します。

セミオープンキッチンここからは、セミオープンキッチンについて、以下の順序で詳しく紹介します。

  • セミオープンキッチンの特徴
  • セミオープンキッチンのメリット・デメリット
  • セミオープンキッチンがおすすめな人

セミオープンキッチンの特徴を抑え、自分のライフスタイルに合うキッチンか判断しましょう。

1-3-1.セミオープンキッチンの特徴

セミオープンキッチンは、リビングダイニングとキッチンとの間の視界がオープン型ほど確保されてなく、ほどよい開放感があります。

クローズドキッチン(独立型キッチン)ほど、閉塞的ではないため、リビングダイニングにいる家族ともコミュニケーションを取れます。

また、キッチンの上に吊り棚などの収納スペースも確保可能です。

いわばオープンキッチンとクローズドキッチン(独立型キッチン)のよいとこどりができる間取りともいえます。

1-3-2.セミオープンキッチンのメリット・デメリット

セミオープンキッチンの特徴を踏まえたうえで、メリット・デメリットを紹介します。

■セミオープンキッチンのメリット
・ほどよい開放感と独立間を確保できる
キッチン側からは、リビングダイニングを見渡せますが、ダイニング側からは手元や調理用具が見えません。

程よい開放感と、料理に集中できる環境を整えることができます。

・理想に合わせてデザインができる
キッチン前のカウンターの高さを腰の高さほどにすることでオープンキッチンのように開放感を作ることがます。

また、カウンターを高くすること、クローズドキッチンのような閉塞感をつくることも。

・収納スペースが作りやすい
キッチン前の一部分に壁を作ることで吊り棚などの収納スペースを確保できます。

■セミオープンキッチンのデメリット

・臭いや煙が部屋側に流れる

オープンキッチンと同じく、調理中の匂いや煙・ゴミの匂いなどが部屋側に流れることがあります。

ソファやカーテンなどの布製品に匂いが染みつかないように対策をする必要があります。

・若干の閉塞感が生まれる

オープンキッチンに比べるとキッチンの前に壁があるため、若干の閉塞感が生まれます。

キッチン前の視界をクリアにしたい場合には、おすすめできません。

1-3-3.セミオープンキッチンがおすすめな人

セミオープンキッチンのメリット・デメリットを踏まえ、どのような人におすすめなのかを紹介します。

■適度な開放感、適度な収納を求めている人
セミオープンキッチンのメリットは、オープンキッチンとクローズドキッチン(独立型キッチン)のよいとこ取りできる点です。

また、収納が確保できるため、調理器具やお皿、コップなどの収納場所に困りません。

■料理に集中したいが、配膳は楽にしたい人
セミオープンキッチンは、完全な個室になっているわけではないため、好みにあわせて小窓のような配膳口を付けられます。

キッチンの種類の決め方

キッチンの種類の決め方キッチンの間取りを決めたら、次にキッチンの種類を選んで行きます。

キッチンの種類は大きく分けて、7種類に分類されます。

キッチンの種類を以下の表でまとめました。

対面型壁付型
特徴ダイニングやリビングに対面して作業ができるキッチンのこと。正面が壁についているタイプのキッチンのこと。
種類・I型
・L型
・アイランド
・ぺニンシュラ
・セパレート
・コの字
・I型
・L型
・独立型

キッチンの種類は、キッチンがダイニングやリビングに面している「対面型」と、正面が壁に面している「壁付型」があります。

それぞれの特徴と、それぞれの種類を紹介します。

2-1.対面型キッチンとその種類

対面型キッチンとその種類対面型キッチンとはダイニングやリビングに対面して作業ができるキッチンのことです。

開放感がありおしゃれに見えるキッチンスタイルであるため、家族や来客とコミュニケーションを取りながら料理や片付けができます。

対面型の種類は、大きく分けて以下の6種類です。

  • I型
  • L型
  • アイランド
  • ペニンシュラ
  • セパレート
  • コの字

それぞれの特徴とポイントを確認しましょう。

2-1-1.対面型×I型キッチン

対面型×I型キッチンI型キッチンとは、コンロとシンクが一直線上に並んでいるタイプのキッチンを指します。

「対面型×I型キッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • コンロとシンクが一直線で、作業しやすい
  • キッチンの背面に食器棚などを設置するケースが多く、リビング側からすっきり見える
  • カウンターがあり、手元を隠すことができる

料理と洗い物、片付けを同時進行して家事の時間短縮をしたい方、生活感を出したくない方におすすめです。

2-1-2.対面型×L型キッチン

対面型×L型キッチンL型キッチンとは、壁の一面または二面にキッチン(コンロ、シンク)をL字型に配置するキッチンスタイルのことです。

一般的にはコンロを壁側、シンクをダイニング側に設置するケースが多いです。

「対面型×I型キッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • コンロとシンクがまとまっているので、作業しやすい
  • キッチンの背面に食器棚などを設置するケースが多く、リビング側からすっきり見える
  • カウンターがあり、手元を隠すことができる

コンロをダイニング側に置くことが不安な人方や家族や友人と料理を楽しみたい方におすすめです。

2-1-3.対面型×アイランド

対面型×アイランドアイランドキッチンとは、キッチンのどの部分も壁に付かない、独立しているキッチンスタイルのことです。

リビング全体を見た時に島(アイランド)のように見えることから、アイランドキッチンと呼ばれています。

「対面型×アイランドキッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • とにかくおしゃれでインパクトのあるキッチンにできる
  • 開放感を感じられる
  • キッチンの周りを360度自由に移動ができる
  • 作業スペースが広く、複数人での作業が可能

ホームパーティーを楽しみたい方やおしゃれなキッチンにしたい方におすすめなスタイルです。

2-1-4.対面型×ペニンシュラキッチン

対面型×ペニンシュラキッチンペニンシュラキッチンとは、アイランドキッチンの左右どちらかの壁に付いているキッチンスタイルのことです。

アイランド(島)キッチンの一部が壁に付いていることでペニンシュラ(半島)キッチンと呼ばれており、コンロを壁に付けるのが一般的なスタイルになっています。

「対面型×ペニンシュラキッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • 開放感がありながらも、コンロを壁に付けることで油はね・汚れに強い仕様となる
  • アイランド程のスペースが必要ないため、アイランドのようなおしゃれなキッチンの設置が可能

インパクトのあるキッチンにしたい方、アイランドほどの広さが確保できない方におすすめです。

2-1-5.対面型×セパレートキッチン

対面型×セパレートキッチンセパレートキッチンとは、コンロとシンクを分けたキッチンスタイルのことです。

二列になっていることから、Ⅱ型キッチンとも呼ばれます。

「対面型×セパレートキッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • シンクとコンロの横にスペースが広く確保することが可能になり、作業スペースを大きく確保できる
  • 二列に分かれている分、設置スペースは広くなくても設置可能
  • シンクとコンロ、作業スペースの位置を好みで選べるため、自分の作業効率を考えて設計が可能

限られたスペースで対面キッチンにしたい方やコンロをダイニング側に置くことの安全面や衛生面に不安がある方におすすめです。

2-1-6.対面型×コの字キッチン

対面型×コの字キッチンコの字型キッチンとは、名前の通り「コの字」に設計されているキッチンのことです。

別称、U字型キッチンと呼ばれることもあります。

カウンター、壁付け、対面の3面で構成されており、それぞれのキッチンの良さを併せ持ったキッチンスタイルです。

「対面型×コの字型キッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • キッチン自体の面積が大きいため、作業スペースや収納スペースが多く作れる
  • コンロ、シンク、冷蔵庫に囲まれた形なので、作業しやすい

効率よくゆとりを持ってキッチン作業をしたい方におすすめです。

2-2.壁付型キッチンとその種類

壁付型キッチンとその種類壁付型キッチンとは、正面の壁にキッチンが付くタイプのキッチンスタイルのことです。

調理は壁に向かって行うため、調理をしている人の背面はダイニングテーブルやリビング面に向きます。

壁付型キッチンは、以下の3種類に分類されます。

  • I型
  • L型
  • 独立型

それぞれの特徴とポイントを見ていきましょう。

2-2-1.壁付型×I型キッチン

壁付型×I型キッチンI型キッチンとは、シンプルに壁一面に沿って、アルファベットの「I」の字のように一直線に配置した壁付きキッチンのことです。

「壁付型×I型キッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • 壁一面を効率よく使えるレイアウト
  • コンロ、シンク、調理台が一列に配置し、冷蔵庫や食器棚を両サイドに設置することですっきりとしたレイアウトになる

作業効率を重視し、キッチンスペースの広さが多くとれない場合に、おすすめです。

2-2-2.壁付型×L型キッチン

壁付型×L型キッチン壁2面に沿って、アルファベットのLの字のように配置した壁付きキッチンスタイルのことです。

「壁付型×L型キッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • シンクとコンロの導線が短くなり、作業効率が上がる
  • 作業スペース、収納スペースを多く確保できる

作業スペース、収納スペースを多く確保したい方におすすめです。

2-2-3.壁付型×独立型キッチン

壁付型×独立型キッチンリビング・ダイニングとは独立したスペースに配置した壁付きキッチンスタイルのことです。

「壁付型×独立型キッチン」のポイントは、以下の通りです。

  • リビング・ダイニングと入口がつながっているため、独立した空間でありながらもリビングやダイニングの様子をしっかりと感じ取れる
  • 小さい子どもやペットが居ても安心して料理ができる。

料理に集中しながら、ダイニングの様子は確認したい方におすすめです。

\一級建築士監修のWEBセミナー/

キッチンメーカーの決め方

キッチンメーカーの決め方キッチンの間取り、キッチンの種類を決めた後は、キッチンメーカーを選びましょう。

キッチンメーカーはたくさんあり、それぞれのメーカーごとに特徴があります。

それぞれの特徴を抑え、自分の理想にあるキッチン選びが重要になります。

キッチンリノベーションでおすすめなキッチンメーカーは、以下の5つです。

  • クリナップ
  • タカラスタンダード
  • TOTO
  • パナソニック
  • ニトリ

1つずつ各メーカーを紹介します。

3-1.クリナップ

クリナップ出典:クリナップ

クリナップは、70年以上続くキッチン専業メーカーです。

よく耳にする「システムキッチン」という言葉ですが、1973年にクリナップが日本で初めて販売したことが始まりです。

クリナップが販売しているキッチンの特徴は、以下の通りです。

クリナップキッチンの特徴

①キッチンの目に見えない場所までもがステンレスキッチン
高温多湿の日本では、目に見えない場所にカビや臭いが発生しやすいです。

特にキャビネットの奥をこまめに清掃することは困難です。

そのため、「湿気によるカビや臭いに強い」ステンレスをキッチンの隅々にまで採用しています。

②楽にキレイに使えるキッチン
毎日使うキッチンだからこそ、毎日のお手入れは大変です。

特に、キッチンでは生ゴミが発生するため、お手入れをさぼることもできません。

そのため、楽にキレイにできるさまざまな機能を採用しお手入れが簡単にできるようになっています。

クリナップキッチンは以下のような方におすすめです。

  • 長く使うキッチンは、耐久性の優れた物を選びたい。
  • 掃除は苦手だけど、キレイで清潔なキッチンを求めている。

さらに詳しくクリナップキッチンについて知りたい方は、以下記事をご覧ください。

クリナップシステムキッチンの特徴と3つのシリーズを徹底解説

3-2.タカラスタンダード

タカラスタンダード出典:タカラスタンダード

タカラスタンダードのシステムキッチンは、「ホーローキッチン」が特徴的です。

キッチンといえば、シルバー一色のステンレスキッチンのイメージが強いですが、最近はお洒落な色やデザインのシステムキッチンが多く発売されています。

その代表的なシステムキッチンがホーローキッチンを作っている「タカラスタンダードシステムキッチン」です。

タカラスタンダードが販売しているキッチンの特徴は、以下の通りです。

タカラスタンダードキッチンの特徴

①ホーローキッチン
タカラスタンダードのホーローキッチンには、鉄とガラスの密着度を高めた「高品位ホーロー」が使われています。

850度の超高温で焼き付けを行うことで、鉄とガラスの長所を最大限に引き出した素材となっています。

そのため、「汚れに強い」「熱に強い」「傷や衝撃に強い」「身体に優しい」という4つの特徴があります。

②家事ラクキッチン
忙しい毎日の家事で大変な要素は「お手入れ」「収納」「調理」です。

この3つを楽にする機能を搭載しています。

タカラスタンダードキッチンは以下のような方におすすめです。

  • 忙しいから掃除をこまめにしなくてもキレイを保ちたい
  • 片付けが苦手だから使いやすい収納が欲しい。
  • インテリアコーディネートはリビングと合わせてお洒落にしたい。
  • 子どもも小さいし、身体に優しい素材で選びたい。

さらに詳しくタカラスタンダードキッチンに関して知りたい方は、以下の記事を合わせてご覧ください。

【2023年最新】タカラシステムキッチンの特徴は?全4タイプの価格・性能・特徴を徹底比較

3-3.TOTO

TOTO出典:TOTO

TOTOのキッチンには、トイレやお風呂など水回りを多く手掛けてきた技術を活かし、掃除のしやすさや水回りの独自機能がある、使い勝手のよい優秀なキッチンがたくさんあります。

上質な質感と豊富なバリエーションで、インテリアにこだわりのある方にも高評価を得ています。

TOTOが販売しているキッチンの特徴は、以下の通りです。

TOTOキッチンの特徴

①水回りに強いキッチン
TOTO独自技術の「きれい除菌水」でキッチンの悩みを解決します。

  • 排水溝の網カゴに吹きかけてぬめりの発生を抑える
  • まな板や包丁に吹きかけて菌を減らす
  • ふきんをすすいで黄ばみや臭いの発生を抑える

②掃除がしやすいキッチン
大変な毎日のキッチン掃除をしやすくする機能があります。

  • ゴミや野菜くずが排水溝に向かってすべり台のように流れていくシンク
  • 水はねがしにくい水栓
  • 継ぎ目がなくシンクと一体化したキッチンカウンター
  • フラットで掃除がしやすい換気扇

TOTOキッチンは、以下のような方におすすめです。

  • 気軽にいろいろなものを除菌したい人
  • レンジフードの掃除回数を減らしたい人
  • シンクの掃除の手間を減らしたい人

さらに詳しくTOTOキッチンのことを知りたい方は、以下の記事「水回りが優秀!TOTOシステムキッチンの機能や特徴を徹底紹介」も合わせてご覧ください。

水回りが優秀!TOTOシステムキッチンの機能や特徴を徹底紹介

3-4.パナソニック

パナソニック出典:パナソニック

家電メーカーとして知られるパナソニックが手掛けるシステムキッチンは、電気設備に特徴があります。

「調理のしやすさ」「掃除のしやすさ」を徹底的に思考し、シンクや収納、コンセントの位置などさまざまな工夫が徹底されています。

デザイン性の高さにも定評があり、インテリアにこだわる方にもおすすめできる人気のキッチンです。

パナソニックが販売しているキッチンの特徴は、以下の通りです。

パナソニックキッチンの特徴
①電気設備が優秀
最大4つの鍋を横に並べて調理や保温ができる「トリプルワイドIH」、お掃除の手間が減らせる「ほっとくリーンフード」など、家電を長年作り続けてきたパナソニックの技術を活かした電気設備は、調理や掃除がしやすいと評判です。

②使いやすい工夫
傷や汚れに強いシンク「ラクするーシンク」、調理家電が使いやすくなる「クッキングコンセント」でキッチンでの作業がしやすい工夫が施されています。

パナソニックキッチンは、以下のような方におすすめです。

  • 自分だけのこだわりキッチンを作りたい人
  • デザイン性の高いキッチンを探している人
  • 複数の料理を一度に作りたい人
  • 掃除しやすいキッチンにしたい人

さらに詳しくパナソニックキッチンのことを知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

パナソニックシステムキッチン全種類を比較!人気の商品は?価格や評判を徹底解剖!

3-5.ニトリ

ニトリ出典:ニトリ

ニトリのシステムキッチンは、「お、ねだん以上」のキャッチフレーズにふさわしく、他のシステムキッチンメーカーに比べ、リーズナブルかつコストパフォーマンスが高いのが特徴的です。

価格面では、他のキッチンメーカーに比べ、半額以下でシステムキッチンを購入できます。

ニトリが販売しているキッチンの特徴は、以下の通りです。

ニトリキッチンの特徴
①とにかくお手頃価格
ニトリのキッチンは、他のキッチンメーカーに比べて値段が安いです。

オプション機能もわかりやすく選びやすいため、予算と理想に合わせたキッチンを選ぶことが可能です。

②シンプルで使いやすいキッチン
価格を抑えるため、水回りや換気扇などの独自機能はないものの、スタンダードできちんとしたキッチンをお求めの方には十分満足してもらえる内容になっています。

ニトリならではの収納用品などのアイテムも揃っているのでシンプルで使いやすいキッチンを選べます。

ニトリキッチンは、以下のような方におすすめです。

  • コストパフォーマンスがいいシステムキッチンが欲しい人
  • キッチンの機能はシンプルがいい人
  • キッチンの収納は自分でカスタマイズしたい人

ニトリキッチンについてさらに詳しく知りたい方は、以下記事も合わせてご覧ください。

高コスパで機能も充実!ニトリのシステムキッチンの機能や特徴を紹介

【ビフォーアフター】キッチンリノベーション事例5選

キッチンリノベーション事例5選キッチンのリノベーションを考える際、はじめに大まかなリノベーション後のイメージが大切です。

日常的に使用するキッチンの使いやすさはもちろん、居心地の良さも重要なポイントです。

しかし、現状のキッチンからリノベーションでどのように変化させられるのかを考えることって難しいですよね。

ですが、大まかなイメージがリノベーションを考えるうえで重要なポイントになります。

リノベーション会社によっては、得意分野はさまざまです。

まずは、リノベーションでどのようにキッチンを変えることができるのかイメージを膨らませるためにも、実際のリノベーション事例を5つ紹介をします。

4-1.生活の中で重要なキッチンを広々としたスペースへ

【Before】生活の中で重要なキッチンを広々としたスペースへ_before【After】生活の中で重要なキッチンを広々としたスペースへ_after①生活の中で重要なキッチンを広々としたスペースへ_after②生活の中で重要なキッチンを広々としたスペースへ_after③一日の中で多くの時間を過ごすキッチンは、壁付けのこじんまりとしたスペースから居心地がよい広々としたスペースへと変わりました。

キッチンを主体とした広々な空間により、日常生活を明るく過ごさせてくれます。

4-2.料理が楽しくできるキッチン

【Before】料理が楽しくできるキッチン_before①料理が楽しくできるキッチン_before②【After】料理が楽しくできるキッチン_after①料理が楽しくできるキッチン_after②キッチンが1つの部屋となり孤立化して手狭となっていたところを、広々としたオープンキッチンへリノベーションした事例です。

「料理が楽しくできるキッチン」をコンセプトに、お洒落なキッチンへと変化しました。

4-3.家族との時間を楽しむキッチン

【Before】家族との時間を楽しむキッチン_before【After】家族との時間を楽しむキッチン_after①家族との時間を楽しむキッチン_after②家族との時間を楽しむキッチン_after③1日でキッチンに立つ時間は意外と長く感じます。

そんな時間も家族と楽しむ時間にしたいと考え、壁付けキッチンをオープンキッチンへリノベーションした事例です。

キッチン越しのカウンターに家族が座り、料理をしながらも楽しい時間を過ごせるように変化しました。

4-4.料理好きな二人のためのキッチン

【Before】料理好きな二人のためのキッチン_before【After】料理好きな二人のためのキッチン_after①料理好きな二人のためのキッチン_after②2人でキッチンを一緒に使うためにも、広々としたスペースとともに多くの作業スペースが必要です。

広々としたスペースを確保するために、個室キッチンから、二列型の広々キッチンへリノベーションした事例になります。

2人で作業できる空間に変化したため、日常のコミュニケーションの頻度がさらに高まったそうです。

4-5.キッチンとダイニングは動きやすさ重視

【Before】キッチンとダイニングは動きやすさ重視_before【After】キッチンとダイニングは動きやすさ重視_after①キッチンとダイニングは動きやすさ重視_after②料理をして、食事をする。

食事中に「調味料が欲しい」「あれ出すの忘れた」そんなことがあってもダイニングの後ろにキッチンがあれば楽に動くことができます。

キッチンの横幅を壁一面に広げ、「カウンター+ダイニング」で広々としたダイニングキッチンへリノベーションした事例です。

\一級建築士監修のWEBセミナー/

キッチンのリノベーションにかかる費用

キッチンのリノベーションにかかる費用「自分の叶えたいキッチンリノベーションのイメージはできたけれど、いくらかかるの?」
「叶えたいことを詰め込んだら、予算オーバーしそう」

など、やはり気になるのはリノベーションにかかる費用の部分ですよね。

キッチンリノベーションの費用は大きく分けて2つの費用が必要となります。

  • キッチンの本体価格
  • リノベーション工事費用

それぞれの費用を詳しく解説します。

5-1.キッチンの本体価格

キッチンの本体価格とは、下記費用のことを指します。

  • キッチンの基本本体価格
  • 食洗器やグリルなどのオプションやグレードアップ費用
  • キッチンの配送・組み立て費用

主な、キッチンメーカーの本体価格相場をご紹介します。

クリナップ『ラクエラ』:約50万円
『ステディア』:約70万円
『セントロ』:約100万円
タカラスタンダード『リフィット』:約30万円
『トレーシア』:約50万円
『レミュー』:約80万円
TOTO『ザ・クラッソ』:約120万円
『ミッテ』:約170万円
パナソニック『ラクシーナ』:約70万円
『リフォムス』:約80万円
『L-クラス』:約100万円
ニトリ『BSライトプラン』:約20万円
『BS2プラン』:約25万円
『セレクトプラン』:約30万円

キッチンメーカーによってキッチンのラインナップや種類、オプションなどが異なるため、気になるメーカーのショールームなどで確認するのが確実です。

また、リノベーション会社によっても割引き額は異なります。

メーカーと付き合いの深いリノベーション会社もあるので、事前に確認しましょう。

5-2.リノベーション工事費用

キッチンをリノベーションするためには、養生や解体、設置・美装(クリーニング)まで数々の工程を踏む必要があります。

専門用語が多く難しく見えるかもしれませんが、基本的には以下のような項目で構成されています。

仮設工事費(約1万円~3万円)工事中に他の部分を傷つけないようにする養生費や、工事終了後の美装クリーニングが含まれます。工事中に外部に仮設トイレを設置する場合はその設置・汲み取り費用が入ります。
解体工事費(約3万円~6万円)旧キッチンの解体・撤去の費用です。傷んだ床を同時に修復するなどの場合はその費用も含まれます。
木工事/電気工事/設備工事/内装工事費(約8万円~15万円)大工による解体時の修復や補強、キッチンと接続するための電気工事や配管設備工事、設置後の床材やクロスを仕上げる工事などが含まれます。壁を漆喰で仕上げる場合は左官工事、タイルで仕上げる際にはタイル工事が入る場合もあります。
諸経費(約4万円~7万円)現場管理費用や交通費などが含まれます。リノベーション会社によって費用は変わります。また、お住いの家の状態や場所などによっても大きく変動してきます。リノベーション会社へ相談に行った時に費用相場を確認するのことがおすすめです。

リノベーション会社へ相談に行った時に費用相場を確認するのことがおすすめです。

これらの費用もリノベーション会社へ相談に伺った際に、確認するのが確実です。

キッチンをリノベーションする時の流れ

キッチンをリノベーションする時の流れキッチンリノベーションをする際の流れは、以下の通りです。

  • リノベーション会社へ相談
  • 現地調査
  • プランニング・見積もり
  • 契約
  • 着工
  • 完工・引渡し

1つずつ詳しく解説します。

6-1.リノベーション会社へ相談

リノベーション会社へ相談キッチンリノベーションを考えるなら、まずはリノベーション会社へ相談します。

リノベーション会社へ相談するステップは、以下の2つです。

  • リノベーション会社選び
  • 相談内容を準備する

それぞれのステップを1つずつ紹介します。

6-1-1.リノベーション会社の選び方

リノベーション会社と一括りにいっても、さまざまなタイプがあります。

リノベーション会社の種類とそれぞれの特徴は、以下の通りです。

分類特徴メリット・デメリットおすすめな人
大手系リノベーション会社全国展開の巨大企業のリノベサービスは、施工数が多く、工事手順や近隣対応などが整えられており、安心感がある。メリット:保障やアフターサービスの充実。対応エリアが広い
デメリット:費用が割高、デザインが画一的になりやすい
巨大企業のネームバリュー、保障やアフターサービスの安心感を重視したい人
不動産会社系リノベーション会社不動産会社が主軸となっているため、物件探しが得意。リノベーションはマンションが中心。メリット:物件と合わせてキッチンリノベーションを検討している場合は費用を抑えることが可能
デメリット:今のキッチンからのリフォームや戸建てリフォームは施工事例が少ない場合が多い
物件購入からリノベーションを検討している人
設計事務所系リノベーション会社デザインや間取りの細かい要望を叶えてくれるリノベーション専門会社。メリット:デザイン性、空間の質、細かな要望への対応
デメリット:対応エリアが限られる、巨大企業ほどのブランド力はない
雑誌やSNSでみかけるおしゃれなリノベーションが完成イメージの人
工務店系リノベーション会社ベテランの職人さんが多く、技術面での信頼性は抜群。地元の小さな工務店だと費用を抑えて実施することも可能。メリット:技術面が頼りになり、構造や施工方法の打合せはスムーズ
デメリット:デザインが苦手な工務店が多く、デザインは設計会社へ依頼しているケースが多いため、希望が伝わりにくい
技術面を安心して頼めることが重要な人、予算を抑えたい人

上記の表がリノベーション会社の種類と特徴になります。

それぞれのリノベーション会社の特徴やメリット・デメリットを知ったうえで、自分のベストな会社選びをしましょう。

6-1-2.相談内容を準備する

リノベーション会社選びが済めば、いよいよ相談内容をまとめていきます。

事前に考えるとよい相談内容は以下の4つです。

①ライフスタイルについて
まずは、家族構成、生活スタイル、キッチンの使い方などを伝えていきます。

リノベーション会社にとって、キッチンリノベーションをするうえで、ライフスタイルを知ることは重要です。

あなたのライフスタイルには、「どのようなキッチンが合うのか」「どのような間取り合うのか」をしっかりと考えてプランニングを進めてくれます。

②完成キッチンイメージ
どのようなキッチンが自分のイメージかを伝えていきます。

デザインや間取り、キッチンで重視したいポイントなどを伝えることで、理想とするキッチンがどのようなイメージなのかが具体的に伝わります。

デザインは言葉だけで伝えることが難しいため、イメージ画像を用意しておくとよいです。

③予算について
リノベーションをするうえで、予算はとても重要です。

予算の上限がなければやりたいことをやりたいようにできますが、なかなかそうはいきません。

リノベーション会社も予算によって、提案できることは変わります。

具体的な予算感を決めて相談に伺うことで、具体的な話をすすめられます。

④間取り図面について
リノベーションを実施するうえで、間取り図面を考えることも大切です。

キッチンリノベーションの場合、水回りの配線により、実施ができる、できないが大きく分かれます。

希望の間取りを考え、今の家の構造でできるのかはリノベーション会社に相談しないとわからない所でもあります。

相談に行く際には、今の間取り図面も準備して相談に行きましょう。

理想のキッチンリノベーションに向けて、事前に準備し、イメージを固めることでスムーズな相談ができます。

ライフスタイルや理想のイメージを伝えることで、さまざまな提案をしてくれるので完成イメージが明確になってきます。

6-2.現地調査

リノベーション会社へ相談に行き、イメージが固まったら、次は現地調査です。

リノベーション会社が現地に訪れ、希望の施工が可能かどうかを判断するために寸法を図ったり、現状の状況を確認します。

現地調査現地調査の具体的な内容を下記にまとめました。

採寸部屋の大きさや設備のサイズを細かく採寸します。
リノベーション箇所だけではなく、実際に工事を行う際の設備の搬入経路のサイズも確認していきます。
写真撮影現状の状況を確認し、細かい設計を行うために写真撮影を行います。
現状の確認施工する箇所の老朽化具合を確認します。
ヒアリング希望の間取りやデザインのイメージや現状の問題点や不満点を細かくヒアリングし、プラン作成の準備をします。

現地調査はおおよそ1〜2時間必要となります。

現地調査は正確な見積もり金額やプランを作成するために欠かせません。

6-3.プランニング・見積もり

プランニング・見積りヒアリングした要望や現地調査の結果をもとに、リノベーションプランの作成と具体的な見積もり提示を行います。

ここでは、提案のあったプランと見積もりをもとに実際のでき上がりを想像しながらキッチン設備や壁や床の材質や色などの細かい部分まで決めます。

理想のキッチンに近づけていくためにも、プラン見積もりと希望とのすり合わせが大事な作業です。

事前に「絶対譲れない箇所・条件」などの優先順位を決めておくことで、スムーズに進められるでしょう。

プランニングを無料で行うリノベーション会社もありますが、無料でプランを修正する回数に制限を設けているケースがあります。

プラン前に設計契約を結び、設計料が発生する場合もあります。

プランニングに関する費用の内容については、事前に確認しておきましょう。

6-4.契約

契約リノベーションプランの確定後、リノベーション会社と契約を結びます。

口頭では勘違いや誤解して進めてしまうこともあるため、契約書を交わすことが大切です。

また、依頼した工事内容と実際の工事内容が違っていた場合、契約書が無いと依頼内容を証明できずトラブルに発展する可能性もあります。

リノベーションを契約する際、契約書にはリノベーションの具体的な内容まで書かれていません。

契約書だけではなく、リノベーションの際にはいくつかの書類が必要です。

契約書に印鑑を押す前に下記書類が揃っているか、その内容もしっかり確認しましょう。

契約時に提示される書類は、以下の通りです。

工事請負契約書費用の総額や代金の支払い方法、工事の期日などが記載された書類
工事請負契約書約款契約にともなうさまざまな取り決めを記載した書類
見積書設備や材料の名称や数量、諸経費など費用に関わる詳細を記載した書類
設計図面設備の配置、配線など工事の内容が書かれた図面
仕上がり表
床・壁・天井などに使用する資材や工法を記載した書類

リノベーション会社によって内容や名称が変わる事もあります。

これらの書類が揃って初めて契約を進められます。

6-5.着工

着工契約締結後、いよいよリノベーション工事が始まります。

リノベーション工事は工事内容により、作業期間が異なります。

大掛かりなリノベーション工事の場合、長時間キッチン・水回りの利用ができなくなる場合があるので、注意が必要です。

リノベーション期間の目安は、以下の通りです。

リノベーション内容リノベーション期間水道が使えない期間
キッチン入れ替え・交換のみ2日〜1週間1〜2時間
内装変更(床・壁紙など)をともなうリノベーション1週間〜10日1〜2時間
レイアウト変更をともなうリノベーション2〜3週間2〜4時間

リノベーションの当日は、すぐに作業が開始できるよう、事前にキッチンの片付けをしておきしょう。

キッチンの周りや引き出しの中はもちろん、キッチン周辺の荷物も他の部屋にまとめておくと、汚れる心配もなく安心して工事を進められます。

6-6.完工・引き渡し

完工・引き渡し工事が完了すると、多くのリノベーション会社では社内で検査を行ったあと、所有者の立会いによる検査を実施し、問題がなければ引き渡しとなります。

立会い時には、「図面や仕様書と一致しているか」「間取り変更などの箇所が説明通りか」など、契約通りに工事ができ上がっているかチェックをします。

さらに、立会い時にチェックするポイントは以下の5つです。

  • 新しくした設備機器の動作確認をして問題なく使用ができるか
  • コンセントやスイッチの数と位置は打合せどおりか
  • 給排水やガス、電気系統などの取扱いに不明点はないか
  • 壁紙や床材の端や四隅の処理はきれいか
  • 養生していた部分に傷などはついていないか

もし不具合や不備などがあれば、できるだけ早いうちに手直しをしてもらい、あらためてチェックをしていきます。

納得のいく仕上がりになっているかを再確認し、「工事完了確認書」を取り交わしましょう。

\一級建築士監修のWEBセミナー/

キッチンのリノベーションをする時の注意点

キッチンのリノベーションをする時の注意点ここからは、キッチンリノベーションの注意点を確認していきます。

キッチンリノベーションの注意点は、以下の通りです。

  • 【注意点①】将来を見据えた設計はできてますか?
  • 【注意点②】キッチンは複数人数使用するイメージをしましょう
  • 【注意点③】家電の買い替えも考慮しましょう

それぞれの注意点について、詳しく紹介します。

7-1.【注意点①】将来を見据えた設計はできてますか?

キッチンリフォームを考えている際、「今の不満点」「今の改善点」に目が行きがちです。

ここで注意するべきなのは、キッチンリノベーション後は長く使う点ということです。

キッチンの耐用年数は約10~15年と言われています。

10年後、15年後のライフスタイルはどのように変化しているでしょうか。

育児中のご家庭の場合、子どもにあわせようとついつい目を奪われがちです。

子どもの成長はとても早く、子ども用に対策したつもりが成長ととともに不憫さを感じる可能性もあります。

そこで、将来を見据えた設計が必要なのです。

7-2.【注意点②】キッチンは複数人数で使用するイメージをしましょう

キッチンを、複数人で使用する場合のケースも考えましょう。

1人で十分満足できるキッチンでも、複数人使用するとなれば、作業スペースが確保できず、ストレスを抱える原因となります。

複数人同時に使用してもスムーズに作業ができるスペースがあれば、1人で使うときも安心して作業を行えます。

「大は小を兼ねる」を意識し、複数人数がキッチンを使用するイメージを考えておましょう。

7-3.【注意点③】家電の買い替えも考慮しましょう

現状、所有している家電に合わせて、リノベーションをすることはNGです。

例えば今の冷蔵庫のサイズでリノベーションをした場合、家族が増え大型の冷蔵庫へ買い替えができなくなるからです。

家電は永久的に利用できるものではありません。

そのため、買い替えを考慮した設計を心がけましょう。

キッチンのDIYも検討しよう!

キッチンのDIYも検討しよう!キッチンのDIYを行うことで、コストを抑えたリノベーションが可能です。

ここからは、キッチンでDIYできる箇所と、そうでない箇所をそれぞれ解説します。

8-1. キッチンのリノベーションでDIYできる箇所

キッチンのリノベーションで、DIYできる箇所は以下の通りです。

  • キャビネットのペイント
  • 取っ手やノブの交換
  • 壁の塗装やタイルの貼り替え
  • 照明の交換

キャビネットのペイントや取っ手の交換は、キッチンの見た目を一新する手軽な方法です。

壁の塗り替えや新しいタイルの貼り付けは、キッチンにフレッシュな雰囲気をもたらします。

照明のアップグレードは、明るさだけでなくデザインの面でも大きな影響を与えるため、DIYプロジェクトに最適です。

これらの作業は比較的安全で、専門的な技術を要するものでもないため、初心者でも実践しやすいDIYです。

8-2. 【要注意】キッチンのリノベーションでDIYできない箇所

キッチンリノベーションで、DIYできない箇所は以下の通りです。

  • 電気配線
  • ガス配管
  • 水道の配管
  • 重い家具や設備の取り付け

電気配線やガス配管の作業は専門的な知識と技術が求められるため、プロへの依頼を推奨します。

水道配管も同様に、専門的な対応が必要です。

水漏れなどのトラブルを防ぐためにも、プロに任せるのがおすすめです。

また、重い家具や設備の設置は物理的な力だけでなく、適切な設置方法が必要になるため、専門業者に依頼した方が安心です。

\一級建築士監修のWEBセミナー/

キッチンをDIYでリノベーションするメリット

キッチンをDIYでリノベーションするメリットキッチンのリノベーションは、自分でDIYするのも可能です。

DIYでキッチンリノベーションをするメリットは、次の4つです。

  • 自分好みにカスタマイズできる
  • 業者の出入りがない
  • 業者より安くできる
  • DIYスキルが身につく

それぞれのメリットを解説します。

9-1. 自分好みにカスタマイズできる

DIYリノベーションでは、自分の好みに合わせてキッチンをデザインできます。

市販のキッチンセットやプリセットのデザインに縛られず、素材の選択や配置、色の配合まで、すべて自分の手で決定できます。

「自分だけのキッチン」を実現できるため、理想のカスタマイズがある場合にはDIYするのがおすすめです。

9-2. 業者の出入りがない

DIYリノベーションでは、家に業者を入れずに済むため、プライバシーが保たれると同時に、日程を調整する手間が省けます。

また、家族の生活リズムを崩さず、自分のペースで作業を進められるため、ストレスフリーでリノベーションを楽しめます。

9-3. 業者より安くできる

業者に依頼する場合、材料費の他に工賃や管理費が加算されますが、DIYではこれらの追加コストを削減できます。

自分で材料を購入し作業を行うため、総費用を大幅に抑えられます。

浮いた予算で、高品質な材料を選ぶこともできるため、こだわりのデザインが可能です。

9-4. DIYスキルが身につく

キッチンリノベーションを通じ、木工や塗装、基本的な電気工事など、さまざまなDIYスキルが身につきます。

DIYスキルは、今後の生活で他のリノベーションや日常の修理などにも役立ち、趣味としても楽しめます。

まとめ

まとめ本記事では、キッチンリノベーションについて解説しました。

キッチンは、日常的に使用する必要不可欠な家具です。

そのため、「キッチンリノベーションをして良かった」と満足できるリノベーションをしたいですよね。

満足できるキッチンリノベーションにするためにも、ぜひ本記事の内容を参考にしていただき、プロとキッチンリノベーションを進めてみてください。

初めてのリノベーションで不安な方や、プロに相談しながら進めたい方はぜひゼロリノベへお問い合わせください。

ご予算やご希望に合わせたご提案をいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

\一級建築士監修のWEBセミナー開催中!/