予算も品質もトータルで管理できる「オールワンストップリノベーション」の魅力とは?


ゼロリノベでは不動産仲介、リノベーション設計、施工の全てを自社で行う「オールワンストップ」のリノベーションを提供しています。

物件探しから設計施工までを自社内で完結することは、お客様にとってさまざまなメリットがあるからです。

オールワンストップ・リノベーションのメリット

  • 無駄な中間コストを徹底して省くことができる
  • 窓口が一社になるからコミュニケーションしやすい
  • もしものトラブル時に責任の所在がわかりやすい
  • 品質管理が細やかに行き届く
  • アフターフォローがスムーズ

この記事では、中古物件の購入から設計施工までの流れやよくあるトラブルをわかりやすく解説しながら、ゼロリノベが創業当初からこだわる「オールワンストップ」のリノベーションの魅力をご説明します。

1.オールワンストップリノベーションとは?

業界内でも数が少ないため、聞き慣れない人も多いはず。改めて、オールワンストップリノベーションとは何か、わかりやすく説明します。

物件探し、リノベーション設計、施工を一社が窓口となって提供するサービスを「ワンストップリノベーション」といいます。

多くのワンストップリノベーション会社は、お客様とやりとりする窓口は一社ですが、各部門で請負会社に依頼をしています。これは「パーシャルワンストップ」と言われる形態です。

オールワンストップリノベーションの仕組み

ゼロリノベは「オールワンストップ」のリノベーション会社で、仲介・設計・施工を全て自社内で行っています。ここが提携会社と組む一般のワンストップ(パーシャルワンストップ)と明確に違うところです。どのステップでも、経験と知識豊富な自社スタッフが担当につくので、時間やお金のロスなく、安心して物件探しやリノベーションを進められます。

仕組みをより詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

2種類あるワンストップリノベーションとは?メリット・デメリット、会社の選び方を解説!

2.オールワンストップリノベーションのメリット

オールワンストップリノベーションには、5つの大事なメリットがあります。

  • 無駄な中間コストを徹底して省くことができる
  • 窓口が一社になるからコミュニケーションしやすい
  • もしものトラブル時に責任の所在がわかりやすい
  • 品質管理が細やかに行き届く
  • アフターフォローがスムーズ

2-1.無駄な中間コストを徹底して省くことができる

社内で完結するため、無駄な中間コストを省くことができます。通常のワンストップは、物件探しは提携不動産会社、施工は提携工務店といったように、窓口は一社でも実際には複数提携会社と連携しているケースがほとんどです。

ゼロリノベのようなオールワンストップの場合は、提携会社に支払われてしまう中間コストを省くことができます。ゼロリノベは手数料を上乗せせず、利益圧縮できた分を不動産探しやリノベーション工事にかかる費用に還元しています

2-2.窓口が一社になるからコミュニケーションしやすい

担当が頻繁に変わったり提携先が多いと、同じことを何度も伝える手間が発生します。物件探しやリノベは担当者とのやりとりが非常に多いので、その手間が大きなストレスになるケースも多いです。オールワンストップの場合、自社内でコミュニケーションが完結するので、お客様の情報やお伺いした内容を迅速に共有できるため、スムーズな対応が可能です。

2-3.もしものトラブル時に責任の所在がわかりやすい

物件探しとリノベーション設計を別々の会社に依頼すると、一般的な仲介会社は設計の知識がないため、リノベーション工事に関わる構造的な制約や管理規約による制約が購入後に発覚することもあります。この責任を仲介会社に問うのは困難です。

この場合、「リノベできない物件を紹介した不動産会社」か「技術的に工事できないと判断したリノベーション会社」か、どちらに責任の所在があるのか、素人目には判断がつきません。オールワンストップなら、こうしたトラブルを未然に防ぎ、もしもの時も責任の所在がわかりやすくなります

2-4.品質管理が細やかに行き届く

一般的なワンストップでは、施工を複数の提携工務店に依頼します。品質管理は各工務店が行うため、品質基準の統一が難しくなります。

オールワンストップの場合、施工管理も自社内で対応するため、品質にばらつきが生じず、全ての工事で品質基準を守ることができるのも大きなメリットです。

2-5.アフターフォローがスムーズ

お引越し後に不具合が生じた時も、担当設計者に相談すれば、社内で現場監督とすぐに連携しアフターフォローに伺うことができます。一般的なワンストップのように施工を提携工務店が行う場合、工事情報は工務店が管理するため情報が入手しにくくなるだけでなく、万が一工務店が閉業すれば、工事情報が無くなってしまうことも。

オールワンストップなら、設計時の情報が社内共有されているので、ちょっとした不具合や修繕もスムーズです。

3.オールワンストップリノベーションの流れ

ここからは、ゼロリノベのオールワンストップリノベーションの流れを解説します。物件探しから設計、施工、各ステップでのポイントや、注意しておきたい内容についてご紹介します。

※各章の見出しに移動できます

  1. 中古物件探し
  2. リノベーション設計
  3. 工事

3-1.中古物件探し

物件探しは、ゼロリノベのおうちナビゲーターがサポートしています。

中古市場の動向はもちろん、自社で行った建物調査・設計・施工のノウハウが蓄積されているので、①安心して長く住める中古物件かどうか、②リノベに適した物件なのか、を素早く判断できるのが、オールワンストップならではのメリットです。

ゼロリノベおうちナビゲーター

第三者のファイナンシャルプランナーが算出したお客様の安心予算を超えないよう、おうちナビゲーターが住宅購入とリノベーションの総予算とご要望のバランスをみながら物件探しを進めます

物件探しでよくあるトラブル

  • 安全性の低い中古物件を選んでしまう
  • やりたいリノベができない物件を選んでしまう
  • 欲しい中古物件を取り逃がしてしまう

中古物件を選ぶ上で大切なのは、築年数などの表面的なデータではなく管理状態や変えることのできない建物構造をきちんとみることです。管理や構造の確認を疎かにすると、やりたい工事ができない可能性もあります。

また、中古市場はスピード勝負であるため、これぞという物件に出会った際は、お客様の決断力はもちろん、書類準備も迅速な対応が不可欠です。

オールワンストップなら、リノベノウハウを共有し、社内で迅速に連携するためこうしたトラブルを未然に回避できます。

3-2.リノベーション設計

実績豊富な設計チームが理想の住まいづくりをお手伝いしています。

無駄な中間コストを省き、その分工事費に予算をかけられるのがオールワンストップの強みです。また、仲介担当との連携で、物件特有の注意点を把握した上でプランニングをスムーズに進めることができます。

ゼロリノベ設計部メンバー

リノベーション設計でよくあるトラブル

  • 物件特性への対応であとから追加費用がかかる

「搬入経路が長い、エレベーターがない」「断熱材の造作が必要」などの物件特性がある場合、人件費や材料費が追加でかかってしまいます。

オールワンストップは、ある程度できることがクリアな物件でリノベ設計でき、物件探しの際のやりとりやご要望等を引き継いだ状態で設計がスタートできるなど対応がスムーズなのがメリットです。

3-3.工事・お引き渡し

多くの会社は施工管理を工務店に委託していますが、ゼロリノベでは自社スタッフが現場監督として品質管理を行います。工事にかかる人件費、材料費も全て自社管理できるため、コスト管理がクリアになり、お客様の無駄な料金負担がありません。

ゼロリノベ施工部メンバー

リノベーション工事でよくあるトラブル

  • 設計意図が伝わらず想像した仕上がりにならない
  • 工務店によって仕上がりの品質にばらつきが出る

設計士と工務店の間でコミュニケーションがうまくいかず、プランが思うように反映されなかったり、設計士も納得できない仕上がりになったりするケースは少なくありません。

オールワンストップの場合、設計士と現場監督が自社内で密に連携を取ることができ、コミュニケーションミスを最小限に抑えられます。また、社内の品質基準を担保しながら工事を進められ、お引き渡し前の検査やお引越し後に不具合が見つかった場合にも、自社スタッフが迅速に対応できます。

4.ゼロリノベがオールワンストップにこだわる理由

ゼロリノベは、リノベーション事業を開始した翌年の2015年に不動産仲介業を開始し、さらに2019年、施工部を立ち上げオールワンストップリノベーションの提供を開始しました。

「無理のない予算で理想の住まいが叶うサービスを追求した結果、オールワンストップリノベーションにたどり着きました」と代表取締役の鰭沼は語ります。

「近年はワンストップリノベーションという言葉だけでなく 『オールワンストップリノベーション』という言葉も聞くようになりました。この言葉はゼロリノベが “本当のワンストップ” という意味を込めて作った造語です。

創業当初はリノベーション設計のみでしたが、設計相談の時点で、既に予算の大半を物件購入にかけてしまい、せっかくやりたかったリノベーションの予算がなくなってしまっているお客様が多くいらしたのです。

不動産会社の中には、お客様の予算を見ずに利益追求のため高い物件を勧める会社が少なくないことを体感した私たちは、創業の翌年に宅建業を取得し、FP相談を取り入れた仲介事業を始めました。

さらに施工部を立ち上げたのは、工事品質を守るためです。複数の工務店さんに依頼するようになると、品質にばらつきが生じ、設計士が満足できない仕上がりのものも散見されました。そこで現場監督の採用を進め、ゼロリノベ品質を担保できるオールワンストップの形態に行き着いたのです。

リノベーションは住宅の選択肢として浸透しつつも、まだまだわかりにくい部分も多いかと思いますが、専門スタッフと疑問を解消しながら進められる点がオールワンストップの魅力だと思います。こうしたサービス形態が浸透することで、リノベーションの普及につながることを願っています」

さいごに

不動産の購入・売却からリノベーションの設計施工まで、すべて自社内で対応できる「オールワンストップリノベーション」。無駄なコストがかからず、相談窓口は一社で完結するから、お客様は物件選びや設計デザインなど必要な部分にだけ時間や予算をかけられます。

リノベーションを検討している方は、ぜひ一度オールワンストップリノベーションのゼロリノベにご相談ください。