【一級建築士監修】中古戸建リノベーションの完全解説(選び方・費用・注意点など)


「トイレのリノベーションってどれくらいの費用がかかるのだろう?」
「そもそも、トイレをリノベーションする意味ってあるの?」

トイレは日常的に使用する場所になるため、少しでも掃除が楽になるとうれしいですよね。

しかし、トイレのリノベーションに必要な費用やどのようなデザインがあるのかわからない方も多いでしょう。

そこで今回は、トイレをリノベーションするメリットや費用を解説していきます。

具体的なリノベーション方法や事例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Author

“【著者】ゼロリノベ編集部"

[著者]

ゼロリノベ編集部

「住宅ローンサポート・不動産仲介・リノベーション設計・施工」をワンストップで手がけるゼロリノベ(株式会社groove agent)。著者の詳しいプロフィール

\一級建築士監修のWEBセミナー/

トイレをリノベーションする3つのメリットとは

トイレをリノベーションする3つのメリットとはまず、トイレをリノベーションするメリットを以下の順序で、みていきましょう。

  • デザイン性が高まる
  • 手入れが楽になる
  • 節水や節電効果が高くなる

リノベーションするならキッチンやリビングなど、おしゃれな空間作りにコストをかけたいところですが、実はトイレをリノベーションするメリットも豊富にあります。

1つずつ、詳しくみていきましょう。

1-1.デザイン性が高まる

トイレをリノベーションすることで、デザイン性が高められます。

床や壁紙に好きな色、素材を使用すれば、お部屋同様におしゃれな空間へリノベーションできます。

また、写真や絵、インテリアなども組み合わせれば、リラックスできる空間にリノベーションできるでしょう。

トイレでは、照明やペーパーホルダー、タオルかけ、収納棚など小物を合わせられるポイントも多いため、自分の理想の空間に作り上げるのもおすすめです。

具体的なリノベーション事例は「狭さを払拭するトイレリノベーション4事例」「ユニーク空間を作るトイレリノベーション4事例」を参考にしてみてください。

1-2.手入れが楽になる

トイレをリノベーションすることで、お手入れが楽になります。

清潔に保ちたいと思っても、掃除がしづらい環境だと、なかなか捗らないものです。

特に古いタイプのトイレは便器のくびれ部分やふちに汚れが溜まりやすく、落ちにくいため、掃除が大変です。

しかし、最新のトイレは汚れが溜まりづらい構造のものが多く、掃除が楽になるように作られています。

代表的なものとして、TOTOLIXILが販売しているフチなし形状のトイレが挙げられます。

トイレをリノベーションして新しい機器へ交換することで、毎日のトイレ掃除が楽になり常に清潔に保てるでしょう。

1-3.節水や節電効果が高くなる

トイレをリノベーションすると、節水や節電効果が高くなります。

トイレを流す際の水量は1990年代頃までおよそ13Lでしたが、近年では5Lや3.8Lの製品も販売されています。

洗浄水量の少ないトイレへ交換した際の節水効果は、以下の表のようにいわれています。

交換後水量節水効果
13L→6L約60%
10L→6L約40%
8L→6L約20%

引用:一般社団法人 日本レストルーム工業会

また、最新のトイレには節電性能や自動でふたを開閉する機能がついているため、使用していない時間帯に無駄な電気が発生しません。

トイレで使用する水や電気はわずかかもしれませんが、長い期間でみれば大きな節水節電効果になります。

トイレをリノベーションするタイミングとは

トイレをリノベーションするタイミングとはトイレをリノベーションするタイミングはいつが理想でしょうか。

結論からいうと、具体的なリノベーションのタイミングは決まっていません。

国税庁によれば、トイレの耐用年数は15年(※1)となっていますが、使用頻度によっては、10年を目安にリノベーションする場合もあります。

また、主要トイレメーカーが公表しているメンテナンススケジュールでは、部品の点検や交換は10年、全体の取り替え時期は20年を目安としているものもあります。(※2)

上記から、10〜20年がトイレのおおよそのリノベーション時期の目安といえるでしょう。

ただし、家全体のリノベーションの際の水回りの移動にともないトイレも交換するケースもあります。

※1 国税庁 耐用年数(建物/建物附属設備) 給排水・衛生設備、ガス設に該当

※2 Panasonic メンテナンススケジュール

\一級建築士監修のWEBセミナー/

トイレのリノベーションにかかる費用相場と内訳

トイレのリノベーションにかかる費用相場とはトイレのリノベーションにかかる費用は、主に以下の3つです。

  • トイレ本体の価格
  • 設置費用
  • 材料費

費用を把握しておかなければ、思いのほか費用が高くつきます。

予算が足りないということにもなりかねないため、これから紹介する3点をしっかり確認しておきましょう。

3-1.トイレ本体の価格

トイレ本体の価格は、「20〜80万円」と幅広く設定されています。

例として、主要トイレメーカーであるTOTOのトイレ本体価格を以下の表にまとめました。

商品名価格
ネオレストNX74.4万円(税込)〜
FD37.2万円(税込)〜
レストパルF/レストパル35.5万円(税込)〜
ネオレストLS/AS/RS34.3万円(税込)〜
ピュアレストEX29.3万円(税込)〜
GG/GG-80029.1万円(税込)〜

参照:トイレ・ウォシュレット®・便座・便器

最新式のトイレは、さまざまな機能がついているため価格も高くなりやすいです。

例えば「ネオレストNX」ではエコ機能や自動で清潔に保つ機能、節水節電機能など豊富な機能があります。

ただ、これらの機能が兼ね揃えられているネオレストNXは、TOTOのトイレの中でも、高価格な部類に当てはまります。

3-2.設置費用

トイレの設置費用相場は、以下のとおりです。

工事内容費用
便器の交換のみ約25,000円
床の張り替え約25,000円
壁や天井の張り替え約20,000~30,000円
電気工事約10,000~30,000円

古いトイレの取り外しや新しいトイレの設置にあたって工事が必要な場合、トイレの作りごとに費用は変動します。

例えば、最新式のトイレへ交換するにあたって、電気配線や給排水管をあらたに取り付ける必要がある場合には、工事費用に追加されます。

3-3.材料費

材料費とは、トイレの床や壁、天井などの張り替えを行う際の内装材そのものの費用のことです。

価格は1〜5万円と材質によって、さまざまです。

例として、主要メーカーの床材の費用を以下の表にまとめました。

材質商品名価格
石質ラピスタイルフロアー32,230円/1.65㎡
天然木(突き板)アーキスペックフロアーW パーケット48,950円/3.3㎡
シートアーキスペックフロアーS 石目42,350円/3.3㎡
シート6mmリフォームフロアーA33,660円/3.3㎡

参照:Panasonic 部屋から探す:洗面・トイレ

建築工事は、材料の張り替え面積によって費用が変動します。

そのため、㎡ごとの費用目安を把握しておくことをおすすめします。

【タイプ別】トイレリノベーションの費用

タイプ別のトイレリノベーションの費用とはここからは、タイプ別にトイレのリノベーションの費用を解説していきます。

ここで紹介するトイレリノベーションのタイプ別の費用は、以下の通りです。

  • 普通便座から温水洗浄便座への交換
  • 便座と便器を最新式トイレに交換
  • タンクレストイレに交換
  • 和式トイレから洋式トイレに交換
  • その他の費用シミュレーション

既存のトイレから新しいものへ交換するといってもさまざまなケースがあり、費用も異なります。

1つずつ、詳しくみていきましょう。

4-1.普通便座から温水洗浄便座への交換する場合

暖房・温水機能のない普通便座から、おしり洗浄・ビデ洗浄・脱臭機能のついている温水洗浄便座へ交換する場合の費用は、10〜20万円が相場です。

費用内訳のほとんどを便座本体の価格が占めていることから、どのような便座を選ぶかによって費用は変動します。

例として、主要メーカーのウォシュレットの価格を以下の表にまとめました。

商品名価格
ウォシュレット® S S2A※(リモコン便器洗浄付タイプ)161,920円(税込)
ウォシュレット® S S2 (レバー便器洗浄タイプ)144,100円(税込)
ウォシュレット® S S1A※ (リモコン便器洗浄付タイプ)136,620円(税込)
ウォシュレット® S S1 (レバー便器洗浄タイプ)117,700円(税込)
ウォシュレット® SB102,300円(税込)

参照:TOTO タイプ・価格

温水洗浄便座を取り付けるためにはトイレにコンセントが必要です。

ただ、便座のみの交換であれば自分で取り付けることも可能です。

4-2.便座と便器を最新式トイレに交換する場合

便座と便器を最新式トイレに交換する場合の費用は約30万円〜が相場です。

最新式のトイレの場合、脱臭、暖房、エコ機能などさまざまな機能がついているため、本体価格も高くなりやすいです。

また、既存のトイレが古いものであれば電気工事や給排水管の工事などの費用も追加されます。

最新式トイレの価格例は、以下のとおりです。

商品名価格
ネオレストNX74.4万円(税込)〜
FD37.2万円(税込)〜
レストパルF/レストパル35.5万円(税込)〜
ネオレストLS/AS/RS34.3万円(税込)〜
ピュアレストEX29.3万円(税込)〜
GG/GG-80029.1万円(税込)〜

参照:トイレ・ウォシュレット®・便座・便器

トイレは、機能が高機能になるほど、費用が高くなります。

トイレを交換する際には、必要な機能と予算のバランスを取りながら、選びましょう。

4-3.タンクレストイレに交換する場合

タンクレストイレに交換する場合、約30万円〜の費用がかかります。

国土交通省の調査によれば、タンクレストイレへの交換費用はおよそ「30〜50万円」ほどと調査されています。(※1)

また、既存のトイレの型が古かったり、電気や給排水管などの工事が必要になったりする場合は費用が追加されます。

※1 部位別リフォーム費用一覧 タンクレストイレへの交換

4-4.和式トイレから洋式トイレに交換する場合

和式トイレから洋式トイレに交換する場合、トイレ全体のリノベーションが必要となるため、「50〜100万円」ほどの費用が必要です。

トイレ本体の価格に加えて、和式トイレ自体の解体や洋式トイレを取り付けるための工事費用なども必要となります。

国土交通省の調査でも、トイレ全体の改装費用は「20〜100万円」ほどと調査されていることから(※1)、多めに予算を確保しておくと安心です。

※1 部位別リフォーム費用一覧 資料5-2 トイレ全体の改装(タンク式)

4-5.その他の費用シミュレーション

トイレのリノベーション費用の見積もりを取る際、その他の費用のシュミレーションも欠かせません。

ここまで解説してきたように、トイレのリノベーションには本体の取り替えだけでなく、床や壁、天井の張り替え、電気工事、給排水管工事、空間全体のリフォームなどが必要になります。

トイレ交換以外にかかる費用も押さえておかなければ、トイレ本体に予算をかけすぎてしまい、予算オーバーとなってしまう恐れがあります。

どのようなトイレへリノベーションするか、事前に細かくプランニングしておきましょう。

\一級建築士監修のWEBセミナー/

狭さを払拭するトイレリノベーション4選

狭さを払拭するトイレリノベーション4事例ここからは、狭さを払拭するトイレリノベーションの事例を4つ紹介します。

  • タンクレスですっきり
  • サニタリールームに集約
  • 引き戸/ニッチの活用
  • 視覚効果を利用

トイレのつくりによっては、十分なスペースが取れないこともあります。

しかし、ちょっとした工夫で狭さを感じづらいトイレへとリノベーションが可能です。

1つずつ、詳しくみていきましょう。

5-1.タンクレスですっきり

タンクレスですっきりタンクレストイレとは、貯水タンクが便器の後ろになく、水道と直接つないで洗浄するタイプのトイレのことです。

タンク部分がないため、狭いトイレスペースでも、窮屈さを感じづらく、すっきりした印象になります。

間取りを大きく変更できない一戸建てや水回りの移動に制限のある中古マンションでは、トイレのスペースを広く取れないこともあります。

そのような場合、タンクレストイレで空間を広く見せることで狭さを感じさせないトイレへとリノベーションが可能です。

なお、タンクレストイレは水道の水圧で洗浄するため、高層階マンションのような水圧の弱い家では水が流れにくくなる場合があります。

5-2.サニタリールームに集約

サニタリールームに集約こちらは、トイレをサニタリールームへ集約し、トイレスペースに窮屈さを感じさせないとともに、家全体の間取りを広く確保している事例です。

洗濯機や洗面台などと同じ空間にトイレを設置した外国のような作りとなっています。

お子様の人数が多いご家庭では、朝の洗面台が混雑する時間帯に不便さを感じるかもしれません。

ただ、ご夫婦二人だけのご家庭であれば混み合うことも少ないため、サニタリールームとしてまとめてしまう方法もおすすめです。

5-3.引き戸/ニッチの活用

引き戸/ニッチの活用こちらは、トイレの扉を引き戸にして空間を妨げない作りとなっている事例です。

廊下の細い家ではトイレの扉が通路を妨げてしまい窮屈に感じやすいですが、引き戸にすることで解決できます。

トイレの壁をくり抜いた「ニッチ収納」を作ることで、限られたスペースを有効活用しています。

無造作に棚を置くよりも、壁送り抜いた方がおしゃれさも増した、機能性もデザイン性もあわせ持ったリノベーション事例といえます。

5-4.視覚効果を利用

視覚効果を利用こちらの事例では、壁にデザインを施し、資格効果を利用してトイレの窮屈さを減らしています。

家の間取りによってはどうしてもトイレのスペースが限られてしまい、思うようにリノベーションできない場合も多いです。

そのような場合、広く見せたり奥行きがあるように見せる資格効果を利用することで、少しでも窮屈さを少なくできます。

また、大きな鏡や窓を設置し、空間を広く感じさせる方法もあります。

\一級建築士監修のWEBセミナー/

ユニーク空間を作るトイレリノベーション4選

ユニーク空間を作るトイレリノベーション4事例
続いては、ユニークな空間を作るトイレリノベーションの事例を4つ紹介します。

  • トイレを図書館にする
  • 壁紙で印象をつくる
  • ペイントで印象をつくる
  • 床材にこだわる

トイレリノベーションのアイデアが思い浮かばない方は、ぜひ参考にしてみてください。

6-1.トイレを図書館にする

トイレを図書館にするこちらの事例では、トイレに趣味の漫画を並べて図書館のようなトイレへリノベーションしています。

こちらのお宅は、設計上トイレが家の中心にあり動かせない作りとなっていました。

そのため、トイレの周りをボルダリングできるようにしたり、トイレを中心に部屋を回遊できるようにしたり、設計し直し、空間全体を活用しています。

トイレが家全体の中でぽつんと浮いてしまわないよう、おしゃれにリノベーションして空間に溶け込ませた事例です。

6-2.壁紙で印象をつくる

壁紙で印象をつくるこちらはトイレの壁紙を同じもので統一し、シンプルで落ち着いて空間を作っているリノベーション事例です。

三方の壁を同一の壁紙で仕上げると、個室としての印象が増します。

トイレリノベーションでは清潔感や掃除のしやすさなどがポイントですが、壁紙のデザインにこだわることでも個性を取り入れられます。

壁紙は国内生産のものから、輸入ものまで、さまざまな柄があるすので、お気に入りのデザインをぜひ見つけてみてください。

6-3.ペイントで印象をつくる

ペイントで印象をつくるこちらは、トイレの壁にペイントをしてシンプルながらもデザイン性の高い空間へリノベーションした事例です。

ペイントをすることで、壁紙では出せない雰囲気を生み出します。

リノベーションでは施主施工も人気ですが、トイレの壁を自分の手でペイントすれば、何気なく使うトイレが思い入れのある空間になります。

6-4.床材にこだわる

床材にこだわるこちらは、トイレの床材に石のようなタイルを用いたリノベーション事例です。

壁紙同様、床材によってもトイレの雰囲気はガラリと変わります。

画像のような黒基調の床材にすれば、シックで高級ホテルのトイレのような雰囲気になります。

また、床材を選ぶ際は掃除のしやすさにも着目してみると、普段使いのよいトイレへとリノベーション可能です。

トイレのリノベーションに関するよくある質問

トイレのリノベーションに関するよくある質問最後に、トイレのリノベーションに関するよくある質問を紹介します。

  • トイレのリフォーム/リノベーションに助成金はある?
  • トイレのリノベーションはDIYでもできる?

1つずつ順番に見ていきましょう。

7-1.トイレのリフォーム/リノベーションに助成金はある?

トイレのリフォーム・リノベーションに活用できる助成金として「子育てエコホーム支援事業」が挙げられます。

例えば、掃除のしやすい節水型トイレへのリフォームや手すりを取り付けるバリアフリー工事などは、「子育てエコホーム支援事業」の対象となります。

工事内容と対象設備、補助費用については、以下の表をご覧ください。

工事内容対象設備補助費用
エコ住宅設備の設置節水型トイレ掃除しやすい機能を有するもの以外:20,000円/台
掃除しやすい機能を有するもの:22,000円/台
バリアフリー改修・手すりの設置
・段差解消
手すりの設置:5,000円/戸
段差解消:7,000円/戸

参照:子育てエコホーム支援事業

詳しくは、「子育てエコホーム支援事業」も参考にしてみてください。

7-2.トイレのリノベーションはDIYでもできる?

トイレのリノベーションでは、DIYできる箇所とできない箇所があります。

DIYできる箇所とできない箇所は、以下の通りです。

DIYできる箇所DIYできない箇所
・床や壁の張り替え
・棚やペーパーホルダーの設置
・仕切りの設置
・弁財の交換
・電気工事
・給排水管工事
・本体の取り替え

床や壁の張り替えや棚の設置などは大きな注意点もないため、好きなようにDIYが可能です。

一方で、電源や給排水管の工事、本体の取り替えなどは専門的な知識が必要であり、DIYでやってしまうとトラブルにつながる恐れがあります。

なお、温水洗浄機能のない普通便座の取り替えであればDIYでもできます。

まとめ

トイレ リノベーション まとめトイレのリノベーションには、掃除がしやすくなったり清潔に保ちやすくなったりといった、さまざまなメリットがあります。

毎日使う場所でもあるため、工夫して好きな空間にリノベーションすれば、日々の生活がさらに充実することでしょう。

ただし、トイレのリノベーションは本体価格や工事費用などによって高額な費用がかかる場合もあります。

どのようなトイレへリノベーションするのか、予算や理想のトイレをじっくり練りながら、事前に計画を立てたうえで、実行していきましょう。

なお、ゼロリノベではリノベーション実績が豊富にあり、物件の選定から間取りプランのご相談、施工までワンストップでのサポートが可能です。

また、資金計画や中古探しのコツ、リノベーションのアイデアなど、はじめての購入される方向けの無料オンラインセミナーを毎週開催しています。

顔出しなし&ミュートのまま聞くことができるので、リノベーションを検討している方はご気軽にご参加ください。

\一級建築士監修のWEBセミナー/